2008年07月17日

最近のFX業者のトレンド

最近は株取引の低迷もあり、FXが非常に盛んになってきました。
となるともちろんFX業者も競争が激化するわけで、取引条件をより良くする会社、
武器を引っさげて事業を開始する会社、色々出てきます。

最近のトレンドとしてはまず低コスト化。
今時取引手数料を取る会社も結構ありますが、他に流れる傾向になっています。
実質的な手数料であるスプレッドの数字を下げる部分で競争になっています。

ただ、ただ安いだけでなく、その数字が有効に活用出来るかが問題です。
いくらスプレッドが安いとはいえ、スリップ幅が大きくては意味がないですし、
またその業者のレート変動ボラが小さくてもあまり意味がありません。

業者によっては本来のレートとは違うレートに一瞬動かし、ストップを刈る事が
あるらしく、話を聞くと腹が立つと同時に怖くなります。

これをいった業者を見つけた際はきちんと口コミなどを調査し、
まずは少ない単位で取引をしてみてから本利用をした方がいいようですね。
ラベル:FX 外国為替
posted by forexer at 13:19| 外国為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。